Photoshopでレザーテクスチャを作る

2012/11/20

今回は、以前勉強のためにPhotoshopで作ったキャプテンアメリカのメタルシールド

キャプテンアメリカのメタルシールド

の背景に使用したレザーテクスチャの作り方を紹介したいと思います。


Photoshopでのレザーテクスチャの作り方が日本語で紹介されているサイトを探したのですがなかなか見つからず、海外のチュートリアルサイトを参照して作りました。


レザーテクスチャの参照サイト ⇒ Psd tuts+

キャプテンアメリカのメタルシールドの参照サイト ⇒ Photoshop VIP


英語はほとんどわからないのでGoogle先生に翻訳してもらいながらなんとか作れました。
今回はこれの日本語版!とまでは言えませんが、日本語で画像を交えて分かりやすく掲載していきます。

※OSはMacintosh、PhotoshopのバージョンはCS6で解説していきます。


STEP1

新規ファイルを作成します。サイズはいくつでもいいですが、あとで縦横6pxずつ小さくするので自分の作りたいサイズ+6pxで作成すれば大丈夫です。

今回は1606×1206で作成しました。(完成時のサイズは1600×1200)

作成したいサイズの+6pixel

STEP2

まず背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤー名を「レザー」にします。

背景色を白、描画色を黒にし、「フィルター」>「フィルターギャラリー」>「テクスチャ」>「ステンドグラス」を下の画像の数字で適用します。

ステンドグラスはテクスチャの中にある

こんな感じ。


STEP3

新規レイヤーを作成し、白色で塗りつぶします。

もう一度、背景色を白、描画色を黒で先ほどと同じフィルターを適用します。同じフィルターを適用させるときのショートカットはCmd+F(Ctrl+F)です。

フィルターを適用したレイヤー1の不透明度を50%にします。

新規レイヤーを作成して白で塗りつぶす レイヤー1の不透明度を50%にする

こうなっていればオッケー。


STEP4

作成した2枚のレイヤーを、「レイヤー」>「レイヤーを結合」で1つのレイヤーにします。ショートカットはCmd+E(Ctrl+E)。

結合したレイヤーに、「フィルター」>「ノイズ」>「ノイズを加える」で以下の通り適用します。

量は20%で グレースケールにチェックを入れる

STEP5

レイヤーをCmd+A(Ctrl+A)で全選択し、Cmd+C(Ctrl+C)でコピーします。

チャンネルパレットに行き、新規チャンネルを作成します。作成した「アルファチャンネル 1」に先ほどコピーしたレイヤーをCmd+V(Ctrl+V)で貼り付けます。

下にあるボタンから新規チャンネルを作成する アルファチャンネル1にペースト

STEP6

「RGB」チャンネルをクリックしてからレイヤーパレットに戻り「レザー」レイヤーを、「編集」>「塗りつぶし」から以下の色に塗りつぶします。

使用をカラーにして 色を#2f2f2fにする

STEP7

塗りつぶした「レザー」レイヤーに、「フィルター」>「描画」>「照明効果」を適用します。

(注意:照明効果はモードがRGBカラーになっていないと使用できません。もし使用できないという人は、「イメージ」>「モード」>「RGBカラー」を選択してください。なお、PCによっては照明効果が使用できないものもあるようです。)

各数値は左のように ここをアルファチャンネル1に!

数値を変更したら、画面左の光のあたる形を変えます。

こんな形にします。


STEP8

右下以外の3角にポイントライトを以下のように適用します。

ポイントライトはここで追加する 照度を少し上げる これもアルファチャンネル1 3点とも同じ数値で適用する

最後にOKをクリックして適用するとこんな感じになります。

だいぶそれっぽくなってきました。


STEP9

新規レイヤーを作成しレイヤー名を「微光」にします。背景色を黒、描画色を白にしてグラデーションツールを選びます。

設定を「描画色から透明」、「円形グラデーション」を選択し、以下のようにランダムにグラデーションを描きます。

白から透明になるグラデーションにする 左から2番目の円形グラデーションを選択

ランダムな大きさでグラデーションをいくつか描きます。


STEP10

「微光」レイヤーの不透明度を4%にします。これによりレザーにわずかにテカリが加わりました。

不透明度を4%に下げる もう少し低くてもいいかも

STEP11

フィルターの照明効果を利用すると、レイヤーの周りにごくわずかな境界線ができてしまうので、「イメージ」>「カンバスサイズ」からカンバスサイズを-6pxして境界線を削除します。

中心を基準位置にする

STEP12

「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「色相・彩度」をクリックし、調整レイヤーを作成したらレザーを自分の好きな色に変えることができます。「色彩の統一」にチェックを入れるのを忘れずに!

色彩の統一にチェックを入れてから 好みの色に変える

これで完成です!!

かなりリアルな出来なので、Webのみならず色々なところで用途がありそうです。

わりと少ない手順で、これだけリアルなものが作れるってすごいなと思いました。また良いチュートリアルを見つけたら記事に書きたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。みんなでLet’s Photoshop!!


分かりやすかったです、ありがとうございます!

from 匿名 - 2013/09/06 3:50 PM

お役に立ててよかったです!

from ken_meagane - 2013/09/06 11:31 PM

ページトップへ戻る